足羽川沿いの家

 敷地は福井市の中心市街地を流れる足羽川沿いにあります。堤防の桜並木は美しく、四季の風景豊かな場所です。また、周辺は歴史的建造物が建ち、緑化推進による街づくりが行われています。そのように豊かな景観がある一方、敷地は大通りに面している為、通行者からのプラバシーの確保が課題でした。
 ここでは、ベランダの手摺格子に木製縦格子を用い、手摺上部を緑化することで、周辺の街並との連続性をつくり、川への眺望と生活のプライバシーを確保しています。時間と共に変化する格子の影と、風で揺れ動く葉影が重なり、爽やかな雰囲気が屋内外で感じられます。
 内部仕上げにも木材を用い、体に触れる柔らかい質感を大切にしました。屋内外を光と風が通り抜け、川縁の自然と繋がるような穏やかな居心地を考えました。


          

          

         
 

 

■所在地 : 福井県福井市
■構造設計 : エス・キューブ・アソシエイツ
■施工 : 見谷組
■主要用途 : 専用住居
■敷地面積 : 143.60u
■建築面積 : 79.97u
■延床面積 : 198.60u
■階数 : 地上3階建
■構造 : 鉄筋コンクリート壁式構造